日本の医学部の歴史を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学部の歴史
現在全国に医学部医学科のある大学は80以上あります。国立大学が約50%、公立大学が約10%、私立大学が約40%となっています。あとは防衛省管轄の防衛医科大学もありますね。

これらの医学部医学科は国公立と私立それぞれグループ分けされています。

国公立医学科の4つのグループ

グループ①:旧帝大

旧帝大は、幕末の時代から各地域に存在していた医学所の一つが「東京大学医学部部」になったとされています。

東京大学の医学部の卒業生が新たな医学部生を育てるために全国に「帝国大学」が作られました。現在はこの大学を「旧帝大」と言われています。旧帝大は「北海道大学」「東北大学」「東京大学」「名古屋大学」「京都大学」「大阪大学」「九州大学」。

グループ②:旧制医科大学

1919年に6つの医科大学認可がおりました。それらの大学が現在は旧制医科大学と呼ばれる大学です。
国立の旧制医科大学は「千葉医科大学」「新潟医科大学」「金沢医科大学」「岡山医科大学」「長崎医科大学」「熊本医科大学」の6つです。

また同じ年に現在の京都府立医科大学も医学部への昇格を果たしました。

グループ③:旧医専

戦時中、医師不足の問題を解消するために、臨床医を供給する目的で全国に19の医療専門学校を設立。

国立の医専は「弘前・「群馬大学」・「東京医科歯科大学」・「信州大学」・「岐阜大学」・「三重大学」・「神戸大学」・「鳥取大学」・「広島大学」・「山口大学」・「徳島大学」・「鹿児島大学」。

公立の医専は「札幌医科大学」・「福島県立医科大学」・「横浜市立大学」・「名古屋市立大学」・「大阪市立大学」・「奈良県立医科大学」・「和歌山県立医科大学」。

グループ④:新設医科大学

戦後の高度成長期時代に、医療の地域格差が問題となりました。その格差を埋めるために1つの県に1つの医科大学を置くという構想の元新しく18の医科大学が作られました。防衛医科大学校もこの時期に設立されました。

新設された国立医科大学は「旭川医科大学」・「秋田大学」・「山形大学」・「筑波大学」・「富山大学」・「福井大学」・「山梨大学」・「浜松医科大学」・「滋賀医科大学」・「島根大学」・「香川大学」・「愛媛大学」・「高知大学」・「佐賀大学」・「大分大学」・「宮崎大学」・「琉球大学」。

私立医学科の3つのグループ

私立の医科大学は設立当時、臨床を重視する方針のもと設立されました。(国公立は研究・教育を重視していました。)

グループ①:私立御三家

私立御三家は古い歴史のある3つの大学を指します。入学難易度が高く有名な医学科です。私立御三家は「慶應義塾大学」・「東京慈恵会医科大学」・「日本医科大学」です。

グループ②:旧医専

先ほどの私立御三家が設立された後に設立された大学で、歴史は古いですが戦後に大学へと昇格した旧医専もあります。

私立の旧医専は「岩手医科大学」・「順天堂大学」・「昭和大学」・「東京医科大学」・「東京女子医科大学」・「東邦大学」・「日本大学」・「大阪医科大学」・「関西医科大学」・「久留米大学」

グループ③:新設医科大学

国公立でも新設医学部を紹介しましたが、私立も国公立と同調するように16の私立医科大学が全国に設立されました。1970年代に設立された親切医科大学は「自治医科大学」・「獨協医科大学」・「埼玉医科大学」・「北里大学」・「杏林大学」・「帝京大学」・「東海大学」・「聖マリアンナ医科大学」・「金沢医科大学」・「愛知医科大学」・「藤田保健衛生大学」・「近畿大学」・「兵庫医科大学」・「川崎医科大学」・「福岡大学」・「産業医科大学」。

2016年に設立された親切医科大学は「東北医科薬科大学」。

2017年に新設された医科大学は「国際医療福祉大学」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加